お酒を飲んだ翌日、むくんだ顔を鏡で見て大後悔することってありますよね。

なぜお酒を飲むと顔がむくむのでしょうか。

原因と予防についてご紹介します。



お酒を飲んだ翌日の顔のむくみの原因とは?

お酒を飲んだ翌日に、顔が腫れぼったい、鏡を見たら顔がパンパンだった、という経験はありませんか?

なぜお酒を飲むとむくんでしまうのでしょうか。

むくみというのは、体内に余分な水分が溜まってしまう状態のことです。

このむくみがどうしてお酒と関係があるのかと不思議ですよね。

お酒を飲むといつもよりトイレの回数が増えませんか?

お酒を飲むとアルコールが体内に入り、アルコールを分解するのに水分が必要となり、水分を取ることでトイレの回数が増えるのです。

そして、必要以上に水分が排出されてしまうという事態を起こし、知らずにうちに身体が脱水状態に陥ってしまっているのです。

脱水状態になると水分が欲しくなるので、また水分を補給します。

結果、水分を取りすぎてしまうというわけです。

この悪循環の水分バランスののために、翌朝排出されきれなかった水分が、体内に溜まってしまいむくみを引き起こすことになります。

そのほかにもお酒を飲んでいるとき、おつまみとして、枝豆や漬物など、塩分が高いものや味の濃いものがが多いですよね。

塩分を取ることで余計に喉が渇き、さらにに水分の代謝が悪くなるため、むくみを悪化させてしまいます。

お酒を飲むときは、塩分控えめ、お酒控えめで 楽しく健康的に飲みましょう。



むくみ予防!お酒を飲んでも大丈夫な方法とは?

毎回お酒を飲むたびに顔がむくんでしまうあなた。

アルコールが原因で水分バランスの乱れでむくんでしまうと、原因は明らかになっているので予防法は簡単です。

身体からアルコールを抜くことです。

アルコールを抜くには、水分を取り、排尿する。

これを何度も繰り返してから寝ることです。

アルコールを抜かずに寝てしまうと、むくんでしまいます。

うつぶせに寝ると、水分は重力で下に集まるので、顔のむくみがひどくなります。

むくんでしまった場合は、リンパマッサージを行い、血流を良くしましょう。

お風呂につかるのもいいですが、飲んだ直後は脱水状態に陥っていることもあるので、水分を取ってから入るようにしましょう。

血流が良くなると、むくみが改善されやすいです。

カリウムは水分排泄効果があり、カフェインは利尿作用があるので、水分を取るための飲み物は、ハトムギ茶、コーヒー、ウーロン茶、紅茶、緑茶などがお勧めです。

その際、冷たいものではなく温めて飲んだほうが、身体が温まり血流が良くなるので、むくみが取れやすいです。

このようなむくみ対策がわかっていれば、翌朝のむくみも気にせず、お酒を楽しく飲むこともできますね。

水分補給は忘れずに行いましょう。