化粧品の値段の違いって何?

ドラッグストアではたくさんの化粧品が並んでいて、安いのから高いのからいろんな種類がありますよね。

デパートの化粧品売り場に行くと高い化粧品ばかりで買えない、なんていうことありませんか?

最近では100均一でも化粧品が買えてしまいます。

この値段の差は一体なんでしょう?

ブランド品の銘柄のせいなのでしょうか?

実はこの値段の差には成分の差があるのです。

高い化粧品は高価な成分が含まれており、ブランド品というのは他社にはない独自の成分を開発して販売しているので、値段も高くなってしまいます。

高価な成分というのは有効成分の濃度が高いということです。

肌の表面だけではなく真皮までいき届き、肌の奥の細胞から生き返らせてくれます。

高い化粧品=肌に良い化粧品ということになりますが、だからといって全て良いわけじゃありません。

使ったから肌が絶対キレイになれるわけじゃないのです。

やはり人それぞれ合う人合わない人がいるので、値段よりも肌に合うかどうかが一番の問題です。

肌に合わないとかえって悪化させてしまうこともあるので、美白にしたいのか、それともシミやシワを消したいのか、などと目的がキチンと分かっている方が、選びやすいですね。



安い化粧品はダメ?やっぱり高いものを使うべき?

高い化粧品と安い化粧品では、成分が違うと言いましたが、決して安いからダメということはありません。

安い化粧品にもメリットはたくさんあります。

安い化粧品のデメリットとメリットを紹介します。

安い化粧品のメリットは?

なんと言ってもお財布に優しいことですよね。

しかも、高い化粧品だとついついケチって使いがちですが、安くてすぐに買える値段であれば、思う存分たっぷりと使えます。

ケチって使っていては高い化粧品も効果を発揮出来ません。

それならば安い化粧品をたっぷり使った方が効果が高いということにもなります。

安い化粧品として人気となった物は青缶ニベアです。

青缶ニベアは大缶でも500円程度で購入出来ますが、実はドゥ・ラ・メールという有名ブランド化粧品の1万8千円もする商品と成分がほとんど変わらないと言われています。

安い化粧品の中にも良い物悪い物があるので、成分をチェックして購入出来るといいですね。

安い化粧品のデメリットは?

商品によっては防腐剤などの添加物が多めに入っている物もあります。

安いからたっぷり使うと言っても、そのような商品は添加物をたっぷり塗り込んでいることになってしまうので、あまり安すぎても心配や不安があります。

高い化粧品に比べると開発費も安いので、美容効果は薄いとも言えます。