それぞれ原因の違う毛穴トラブル「毛穴のつまり」「毛穴のたるみ」「毛穴の開き」。

原因は違いますが予防方法には共通するものがありました。

それは取り除きすぎないこと!

びっくりするかもしれませんが毛穴トラブルの予防には保湿がとっても大事なんです!

まずは各毛穴トラブルの予防法をチェックしていきましょう。




毛穴のつまりを予防する方法

毎日しっかりスキンケアをしていても気になるのが「毛穴のつまり」。

その正体は角栓と呼ばれる毛穴の汚れなんです。


角栓は本来、お肌から剥がれ落ちるべき角質が落ちきれずに垢となり、皮脂などと混ざりあってできたもので、その原因は「過剰な皮脂」「乾燥」「化粧品残り」「ターンオーバーの乱れ」が主だとされています。

つまり、これらの原因を生み出さなければ毛穴のつまりを予防できるというわけです。

そこで、今回はすぐに実践できる毛穴のつまりを予防できる方法をご紹介したいと思います。

正しいクレンジング

まず、汚れた手でクレンジングすると雑菌が顔に付着し、肌荒れの原因になるので、しっかりと手を清潔にしてからクレンジングを行いましょう。

そして、使用量を守ることも重要です。

クレンジングの量が少ないと十分にメイクを落とせず、多いと必要な皮脂まで取り除いてしまいます。

次は、優しく洗うことです。

クレンジング時にゴシゴシと力を入れると摩擦がお肌に対する刺激となり、乾燥や肌荒れの原因になってしまうので、優しく洗いましょう。

最後は、ぬるま湯で洗い流しましょう。

冷たすぎても熱すぎてもお肌に刺激を与えてしまうので、30度程度のぬるま湯で洗い流すと良いでしょう。

弱酸性を保てる洗顔料を使う

多くの洗顔料は洗顔した後にお肌がアルカリ性に傾き、ニキビやアトピー肌などを悪化させるアクネ菌の繁殖を招いてしまいます。

そこで、洗顔後もお肌に必要な水分や油分を損なうことなく弱酸性に保てる洗顔料を使うことで、肌トラブルを予防できるのです。

ビタミンC誘導体入りの化粧水を使う

ビタミンC誘導体は毛穴のでこぼこやたるみにも働きかけ、抗酸化作用が強いことからメラニン色素の抑制効果もあります。

また、ビタミンC誘導体入りの化粧水は浸透力が高く素早く毛穴ケアへの効果も発揮されます。

お肌に必要な成分をしっかり浸透させることで毛穴のつまりも予防しましょう。



毛穴のたるみを予防する方法

年齢による皮膚の弾力性の低下に伴い、毛穴が重力に逆らいきれずに垂れ下がってしまう毛穴のたるみ。

では、年齢によるものなので予防できないのかというとそういう訳ではありません。

今回はすぐに実践できる毛穴のたるみを予防できる方法をいくつかご紹介したいと思います。

ヒアルロン酸・セラミド配合の化粧品を使う

お肌本来がもつヒアルロン酸やセラミドをお肌に与えてあげることで、お肌の奥の保湿力をアップさせ、お肌の弾力性もアップさせましょう。

コラーゲン・ビタミンC配合のサプリメントや美容ドリンク

身体の中からのケアとしてサプリメントや美容ドリンクで年齢によって失われるコラーゲンの吸収を高めることも効果的です。

女性ホルモンを減らさない

年齢と共に低下してしまう女性ホルモンであるエストロゲンを低下させないことも効果的です。

そのためには、「ダイエットしない」「大豆製品を摂取する」「骨盤周りのストレッチをする」「恋をする」ことが効果的ですよ。


これらの方法で年齢に負けないお肌を手に入れましょう。



毛穴の開きを予防する方法

毛穴の開きの主な原因は過剰な皮脂の分泌です。

つまり過剰な皮脂分泌を予防することで毛穴の開きを予防することができるというわけです。

では、その方法をいくつかご紹介したいと思います。

正しい洗顔

まず、洗顔料をホイップクリームのようにきめ細かい状態にまで泡立て、あご先から口周りを外側から内側にむかって小さなハートを描くように泡をすべらせ、あご先に戻りましょう。

次にあご先から小鼻が終点になるように外側から内側に向かって、中くらいのハートを描くように泡をすべらせます。

その後おでこが終点になるように外側から内側に向かって、大きなハートを描くように泡をすべらせ、ぬるま湯で泡をしっかり洗い流します。

この洗顔方法はハートの形が体内のリンパ腺に沿っているため、血行が良くなり、老廃物の排出と皮膚再生をサポートしてくれるのです。

保湿たっぷりのスキンケア

1.洗顔後、10円玉程の化粧水を手に取り、両手になじませる

2.手で顔をたたかず、両手で顔を包み込むようになじませる

3.乾燥している部分はには1と2を繰り返す

4.10円玉程の乳液を手に取り、両手になじませる

5.化粧水と同じように両手で顔を包み込みようになじませる


皮脂のコントロールは毛穴ケアにとってとっても重要です。

でもそれは取り除けばいいというものではありません。

皮脂を取り除きすぎたことで肌が乾燥し結果として毛穴が開いてしまうこともあるのです。


そこで、洗顔はゴシゴシと洗いすぎず、洗顔後のケアはしっかりと保湿をすることを心がけましょう!