どうせならキレイに焼きたい!日焼けしたい人のシミ対策!

キレイに日焼けしたいけど、シミやシワが気になる、皮膚がんになったりしない?などと心配がありますよね。

日焼けの正しく行えば、シミなどを防ぐことが出来ます。

100%防げるわけではありませんが、対策をするのとしないのでは、将来的に大きな差が現われてきます。

サンオイルはご存じですか?

日焼け止めは肌を焼かない人、サンオイルは肌を焼きたい人、そんなイメージがあるとおもいます。

ではキレイに日焼けしたい人はサンオイルを塗ればいいということになりますね。

しかし、サンオイルと聞くと、「肌を焼く」というイメージしかないので、焼きすぎてシミが出来たり、肌にダメージを与えてしまうのではないかと考えてしまいませんか?

実はこのサンオイルは日焼け止め効果もあるんです。

紫外線にはA波とB波があり、A波は肌を焼き、B波は赤くして炎症を起こすと言われています。

なのでB波をたくさん浴びてしまうと、シミが出来やすく、皮膚がんになりやすかったりするわけです。

サンオイルはこの炎症を起こす紫外線B波だけを防います。

つまり肌を焼くA波だけを受けているという状態です。

(日焼け止めはA波もB波も遮断します。)

日焼けしたい人にはただ何もせず紫外線を浴びるのではなく、サンオイルをムラ無く塗ることで、キレイな小麦肌にすることが出来ます。



日焼けでできたシミを消す!なかったことにするにはどんなケアが必要?

シミが出来る原因を知っていますか?

簡単に説明すると、紫外線を受けると、肌を守ろうとメラニンが過剰生成されます。

通常はターンオーバーにより、おおよそ28日周期で新しい細胞に生まれ変わるのですが、ターンオーバーが乱れてしまうと、過剰に生成されたメラニンがそのまま残ってしまい、色素沈着としてシミとなってしまうのです。

こう考えると、出来てしまったシミはターンオーバーの乱れによるもの、つまり、ターンオーバーを正常化させることがシミを消す一番の方法となるわけです。

ターンオーバーを早める方法として、古い角質を剥がしてくれるピーリングがあります。

週1~2回程度で行いましょう。

ターンオーバーの正常化の手助けをしてくれますが、やり過ぎるとかえって肌を傷めてしまうので注意が必要です。

基礎化粧品として、メラニンを抑えてくれる美白ケアを心がけましょう。

ここで注意したいのは、美白=シミを消す、ということではありません。

新しいシミを作らないようにするケアすることです。

出来てしまったシミを消すのに有効だと言われているのは、ハイドロキノンという医薬品ものあります。

以前は医師の管理下でないと使用できませんでしたが、最近では化粧品にも使用可能となっています。

ぜひ試してみてください。