お肌の老化を感じ始める年齢は「人それぞれ」といいます。

まだ、お肌の老化を実感していない人。

ちょっと、肌が老化しているのでは・・?と感じ始めている人。

他の人は「いつ頃から肌の老化を感じ始めたか」って気になりますよね。

そして、どんな症状で気付いたのかも知りたいですよね。

そこで数人の人に、お肌の老化について質問してみました。



肌の老化を感じる!と思った年齢はいつ?どんな症状でしたか?

肌の老化について数名の方から

・いつ頃から肌の老化を感じたか
・どんなことで感じたか

などを聞いてみました。



20代の頃、小麦色の肌が流行ったので、日焼け止めをつける習慣もありませんでした。

25歳を過ぎてくすみが気になりました。

このときは洗顔をしっかり、保湿用のクリームを塗り込めたりとごまかしていました。

しかし、30歳を超えた頃、鏡の中の自分の顔に愕然としました。私の左側の口元にシミが浮かび上がっていました。もちろん、突然浮かび上がったわけではなく、気付かないふりをしていました。

よく見ると左目瞼の横にも、右の瞼の上にも、顔中に細かいシミが見苦しく浮かび上がっていました。

若い気持ちでいたのですが、年齢をごまかすことができない事を知ることとなりました。

それ以来、コンシーラーを手放せない日々が続いています・・・。

異変に気がついたのはちょうど25歳の誕生日が過ぎてから少し経った頃でした。

今まで特にお肌のケアをしなくても、お肌トラブルはなかったのですが、とうとう来てしまったかとなりました。

一番にあれ?って思ったのがお化粧をしている時、アイラインをいつもの様に引こうと思ったら引きにくいと感じた時でした。

瞼の張りが前に比べて違うのにショックを受けました。

性格上、面倒さがりで洗顔もしっかりせず、スキンケアも化粧水だけで終わらせてたので当たり前だと思いました。

あとシミが出てきてしまったのもショックでした。あるとないとではかなり違いますので悩みです。


数年前から目尻下辺りに薄茶色のシミが目立つようになりました。

朝顔を洗っている時に気付きました。

昔から色白で、「将来シミが出来たら目立つね」なんて冗談混じりで話していたのですが、そのシミを発見した時に、あぁ自分の身にもとうとうやってきたか…と何とも言えない虚しさがありました。

とにかくそのシミを消したい一心で、以前から気になっていた某メーカーのシミを薄くするクリームを寝る前に塗る事を日課に過ごしてきました。

朝起きて少し薄くなったかな?と思う事もありますが、時間が経つとまた目立ってきて、結局また元に戻ってしまうので、途中で断念してしまいました。


末っ子が入園して、一旦、子育てが落ち着いた時に、自分の姿を気にしました。

鏡でじっくり自分の顔を見る、ということがなくなっていました。

見ないようにしていたところもありました。

久しぶりに鏡をじっくり見たその時に、激しく老化を実感しました。

情けない顔をした自分の姿が映っていたので、ビックリすると同時にガッカリしました。

当時は、ほとんど肌ケアなどしていなかったので、当たり前かな、という気持ちにもなりました。

子育てを頑張ってきた結果かな、と自分を励まそうと思いましたが、どうにかしなければ!という気持ちに切り替えました。





多くの人が20代の中頃から肌の変化を感じ始めているようです。

そしてこれまでしっかりとケアしてこなかったことを、大きく後悔している人が多いように感じました。

スキンケアは早すぎるということはありません。

もし今までしっかりとしてこなかったと思う方は、今日からぜひ数年後の自分の肌のためにスキンケアを始めましょう。