20代なんて肌の老化とは無縁と思っていましたが、実はそうではありませんでした。

まだ20代でも、肌の老化を実感している人は結構います。

実際に肌の老化で悩んでいる20代の声を集めてみました。

興味深いことに、「ファンデーション」という言葉がどれにも出てきます。

ファンデーションのノリが、肌の老化に気付くひとつのきっかけになるようですね。



20代後半から乾燥肌に。ファンデをつけても浮くのが悩み

若い頃の私は、顔の全面が脂性肌でべたつきやすいくらいでした。

でも20代後半から、お風呂上がりに触るとカサカサした感じがするようになりました。

ファンデーションをブラシで塗るとカサついた皮膚が浮いて粉が溜まってしまい、かえって肌が汚く見える程でした。

20代前半は他人から肌がキレイだねと言われてきましたし、25はお肌の曲がり角と言われていてもこんなに肌質が変わってしまうものだと思っていませんでした。

だから、何度も頬を触りながらショックを受けました。

20代前半のスキンケアは、手作り化粧水を保湿力高めに作ってお風呂上がりに使う位でした。

20代半ばまではそれでも充分だったのですが、25を過ぎたらそれではダメなのだと思いました。



皮脂が増えてファンデーションが浮く!

現在28歳です。

1-2年前程前から、鏡を見て肌の老化に気付いてしまいました。

主人にも、そんな肌の20代いないでしょ!と言われてしまい、言い返せなくて泣きそうになったのを覚えています。

以前はごく普通に洗顔してメイクして、夕方鏡を見てもさほど崩れていなかったのですが、最近ではお昼前にはファンデーションから目元まで崩れているのがハッキリわかります。

具体的には皮脂の量が増えて脂っぽくなってきたり、おでこや顎のザラザラ感が出てきたり、たるみが気になってきたりです。

最初の頃は夏だから?今日は乾燥してたから?と理由を探して納得していました。

でも気付いたら「あれ、毎日だな」と思い落胆しました。

若い頃は夜メイクを落とさず寝てしまったり、拭くタイプのメイク落としでゴシゴシこすったりと、お肌に悪いことばかりしていました。

そのつけが、今返ってきているんだと思ってます。



シミを隠すためにファンデーションを始めたのに・・

お肌の老化を感じ始めたのは最近です。

今25歳になったところです。

お肌が前よりとても乾燥しやすくなったのと、かかともかさかさになってしまいました。

しかもニキビができてもなかなか治りにくいし、跡もなかなか治らなくなってしまいました。

ニキビ跡のシミを隠したくてファンデーションをしっかり塗るようになったのですが、そのためますます肌の状態が悪くなりました。

しかも、乾燥しているのでファンデのつきがとても悪いです。

お肌の老化には自分で気がつきました。

気付いたときは自分も歳をとったんだなと実感したのとかなりショックでした。

自分の肌が潤っていないのはとても悲しいことでとても嫌だと思いました。

25歳なのに、こんなにはやく老化してくるものなのかと不思議です。

今後はケアをちゃんとしていかなきゃなと思いました。



最後に

驚いたことに、20代から肌の老化に気づく人って結構いるのです。

多くは乾燥で「あれっ?」と思うようですが、中には皮脂量が増えてきたという悩みの人もいました。

そして、悩みを隠すためにファンデーションを始めたり、今まではトラブルなく使っていたファンデーションがうまくのらなくなったりしているという声も。

肌老化に気付くきっかけのひとつに「ファンデーション」という共通点がありました。

実は、ファンデーションは肌を老化させるという意見もあるようです。

それについてはまた別の記事でご紹介しますね。