「肌荒れにはグミを食べるといい」

スキンケア・美容について調べたことのある方なら誰もが一度は耳にしたことのある言葉だと思います。

お菓子のグミには美容成分であるコラーゲンが高級食材であるすっぽんよりも多く含まれているため、お肌にとても良いと言われているのですが、中には「全く効果が無い」という否定的な意見も・・・。

今回は、賛否ある「グミを食べると肌荒れが治る説」について調査してみました!

もし本当に効果があるのならば、とても安いお値段でエイジングケアができるということになりますが、果たして真相は・・・?



グミで肌荒れが治るのは嘘!?

結論からご紹介すると、グミを食べているだけでは肌荒れは治りません。

また「お肌に良いから」と過剰にグミを食べ過ぎることで糖分も大量に摂取することになってしまうので、逆にニキビなどの肌荒れを増やしてしまう可能性も・・・。

確かに、グミにはお肌に弾力をもたらしてくれるコラーゲンが大量に含まれています。

しかし、コラーゲンは口から摂取してもそのままお肌に作用することはなく、一度アミノ酸に分解されてしまいます。

アミノ酸はコラーゲンを生成するために最も重要な成分ではありますが、コラーゲン自体にアミノ酸は殆ど含まれていないそう。

つまり、グミをたくさん食べてもコラーゲンが増えることはなく、肌荒れにも効果はないそうなのです。



グミに「コラーゲンを作る効果」がある??

しかし、最近は口から摂取され分解されたコラーゲンは、コラーゲンにはならないもののコラーゲン生成を促進させる効果があるという研究結果が出たことにより「コラーゲンを食べても意味がない」という説が覆され始めました。

なので、コラーゲンが大量に含まれるグミを食べることでコラーゲンが活発に生成されるようになる、という意見を述べている方も多いようですね。

しかし、肯定的な意見を持っている方も多くは「糖分が多いのであまり食べ過ぎは良くない」と警告をしています。

グミは安価で購入できますし、何より美味しいのが嬉しいポイントなのですが、継続して食べるのならばグミのもとである粉ゼラチンを料理などに混ぜて食べたほうが良いとのこと。

量は1日3グラム程度が目安だそうなので、グミを毎日食べるよりもより更に安価で美肌ケアができそうですね!



結局グミだけで肌荒れを治すことはできるの?

色々な情報を調べましたが、やはり賛否が多く実際に「肌荒れにはグミが効きます」「グミを食べるとコラーゲンが大量に生成されます」と医学的に立証はされていないため、現在「グミを食べると肌荒れが治る説」の真偽はまだまだ謎に包まれたままとなっています・・・。

なので、肌荒れを治すためにグミを大量に食べたとしても肌荒れが100%治りますとは言い切れない、ということ。

本当なのか嘘なのかわからない方法を試すよりも、早く肌荒れを治すならばやはり肌荒れ治療に特化したサプリメントを摂取したり皮膚科で適切な処置を受けるほうが確実だと言えるでしょう。


ですが肌荒れは命に関わる重大な疾患ではないので、程度が軽いのであれば一度グミで本当に治るのかを実際に試してみる価値はあるのではないでしょうか。

食べ過ぎるとおデブの元になってしまいますので、くれぐれもハマり過ぎにはご注意を・・・!