プチプラコスメは40代でも使える?

最近プチプラという言葉をよく聞きませんか?

プチプラとは「プチ(小さい)プライス(価格)」の略です。

値段が安く手に入りやすくという意味で使われています。

プチプラは人によって価値観が違うので、1000円でも10000円でもプチプラとも言えますが、平均的に1000円に近い方がプチプラという感じがしますね。

そんなプチプラのコスメは40代のお肌にも使えるのでしょうか?

プチプラというと若い子向けという感じがしますが、40代のシワやたるみ、くすみやシミなどの肌の悩みも改善出来るのでしょうか。

よくドラッグストアなどで「40代から」「50代から」などとコメントの書かれた高い化粧品が店頭に並んでいますよね。

それを見ると、歳を取るごとに高級化粧品を使わなければお肌が保てないのかと思ってしまいますね。

40代女性は子供にも生活費にも一番お金のかかる年代です。

そこまで高価な化粧品はなかなか買える余裕はありませんよね。

安くても自分の悩みにあった成分が配合されている物を選ぶことで、肌のダメージを与えず、改善の効果が見られることもあります。

特に40代は乾燥肌になりがちなので、セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンなどが配合された物や、ビタミンC誘導体の成分が入っている物をおすすめします。



40代が化粧品でプチプラを買うならこの点に注意!

40代になるとプチプラ化粧品で肌荒れが悪化しないか、美容効果が得られるのか、安全性も心配ですよね。

40代の一番多い悩みが「肌乾燥」です。

乾燥が原因でたるみやシワが出来てしまったり、毛穴開きしてしまう人もいます。

肌トラブルを治したくて、一時的に高い化粧品を使うという人も中にはいるかもしれません。

しかし、せっかく高級化粧品を使っても、一時的に使っただけでは効果が得られない可能性があります。

化粧品の効果がわかるのには、最低2~6ヶ月は必要です。

すぐに違う化粧品に乗り換えず、しばらくは同じ物を使って様子をみましょう。

さらに高いからもったいないと高級化粧品をケチって使っていても、なかなか効果が得られません。

しかし、安い化粧品なら気兼ねなく使えますよね。

値段の安い高いは人によって価値観が違いますが、長く続けられる値段、たっぷりと使える量を考慮して購入した方がいいですね。

使っていて、かゆみや肌荒れが悪化した時は、すぐに使用をやめ、皮膚科でキチンと調べてもらいましょう。

そして、自分に合う化粧品を見つけることで、肌への効果が見られるはずです。

ドラッグストアや100円均一でも、安い値段で良い物を買えると、少し得した気分になりますよね。